京都で幼馴染が家族婚をするメリットとデメリット

京都で幼馴染が家族婚をするメリットは失敗しても平気、祝福してもらえる、思い出になるなどが挙げられます。


家族婚でもあることから、参加するのは全て京都内で一緒に住む人々ばかりです。そのため、スピーチの際に失敗しても笑って許してくれます。



ただ、料理を食べている時に服が汚れた場合は、きついツッコミをもらう場合があるので注意です。
その時は、笑ってごまかすか店の人にお願いして着替えさせてもらうといいです。また、式を挙げれば参加者全員に祝福してもらえます。
一生に一度のイベントなので、いつまでも思い出に残り続けます。

記念として写真を撮ったり、ビデオ撮影をしておくのも悪くないです。



その時は、家族か親戚にビデオかカメラを渡し、お願いをしておくと良い結果になりやすいです。
家族婚は赤字になりやすい、京都の式場が混むことがあるなどがデメリットです。


家族婚は新郎新婦の家族など親しい人達で行われる儀式なので、人数はどうしても極少数となってしまいます。そのため、式を挙げるとご祝儀よりも費用のほうが上回り、赤字になることがあります。

ただ、かかる費用よりも、メリットのほうが大きいので気にしなくて大丈夫です。また、京都の式場は人口が増えていることから、日々結婚をしたいと希望する人が増えています。

なので、時期によっては予約で一杯となり混雑することがあります。

京都の少人数結婚式の情報収集がもっと楽になります。

その時は仕方ないので、周囲の人達と相談して、集まるのに都合のいい日時を決めましょう。