京都の寺社を利用してスマートな形で家族婚を行う方法

最近は新郎新婦の家族だけとか、少数のごく親しい友人だけを招く家族婚を希望するカップルが増えています。
小規模の結婚式は会場の確保が容易で、総費用を抑えることができます。
それに加えて職場関係者や、普段あまり親しいお付き合いのない親戚を呼ばなくても済むので、新郎新婦と家族の負担が軽くなるというメリットがあります。

独自のシステムで京都の家族婚の情報探しはこのサイトから初めてください。

逆に、家族の他に少数の親しい友人・親戚だけを招いておきながら、上司や年上の親戚などを招かなければ、結婚式の後に気まずい雰囲気になる恐れもあります。

家族や一部の親戚・友人だけを招く家族婚をスマートに行う方法があります。最近、30代以降のカップルの間で人気の高い、京都で行う神前結婚式や仏式挙式を利用することができます。



重要文化財や世界遺産に指定されている施設で挙げる結婚式は、特に京都以外の地域に住んでいる人の間で人気を集めています。


神前結婚式や仏式結婚式は両家の家族か親戚だけしか列席が許されないので、他の人を招待したくても不可能です。
それに加えて義理で出席するような結婚式のために、わざわざ休みを取って京都まで旅行する人はいません。

職場関係者や親戚を呼ばない口実としてハワイなど海外で挙式を行うカップルがいますが、これと同じように京都の神社やお寺で結婚式を挙げることができるのです。



挙式を挙げる神社は家の氏神に関係なく、どこでも好きな所を自由に選ぶことができます。居住している地域によっては大旅行になる場合がありますが、家族婚であれば少人数なので宿泊施設の確保が容易です。

総本山クラスの大きなお寺であれば、境内にある宿坊が利用できる場合があります。


家族旅行を兼ねて、京都で家族婚を計画してみるのはいかがでしょうか。