京都で家族婚を挙げるメリット

最近は30代以降のカップルを中心に自分たちが住んでいる地元ではなく、京都の有名な神社仏閣で神前挙式や、仏前挙式を選択する人が増えています。



神前式も仏式も儀式に列席できるのは両家の親族のみですし、旅費と宿泊施設の予約が必要となるので、式に多くの人を招くことができません。そのため、必然的に家族婚という形式となります。

京都の家族婚に関連した情報が掲載されています。

地元で多くの人を招待する教会式や人前式の結婚式ではなく、京都で挙げる神前式・仏前式の家族婚にはさまざまなメリットがあります。

最大のメリットは京都市内で新婚旅行を兼ねて挙式を挙げることができます。
結婚式を挙げるために本人や家族の旅費が必要になりますが、挙式後に改めて新婚旅行に行く必要がないので時間的にも費用面でもお得です。



これに加えて、古い神社の境内にある国の重要文化財や国宝級の本殿や拝殿内で式が挙げられます。
国宝や重要文化財の一部は一般の観光客の立ち入りが制限されていて、中を見ることができない施設がたくさんあります。
結婚式では文化財や国宝級の建物を利用して儀式が執り行われることがあり、貴重な文化財の内部を見学できる機会となるのです。

さらに京都市内には、和装姿に合う風景が多くあります。
そのため、日本的で美しい結婚写真を撮影することができます。

映画やテレビドラマ、時代劇の撮影にも利用されている場所で写真撮影も可能です。


専門のブライダル業者を利用すれば、関西地方以外の地域に住んでいる人でも京都で家族婚を挙げることができるのです。